更年期障害の改善方法

女性は30歳代後半から女性ホルモン(エストロゲン)の量がしだいに減少してきます。そして、平均して50歳前後で閉経を迎えますが、その前後45~55歳までを更年期と呼んでいます。ただし、あらわれる年齢には個人差があります。

更年期障害の症状について

更年期障害とよく似た、まぎらわしい症状もあり、中には、重篤な病気に発展する恐れのある症状もあります。自分で更年期障害と判断せず、まずは病院で正しい診断をしてもらうことが大切です。
・肩こり
更年期になって首や肩のこりがひどくなる人は多いようです。更年期によるエストロゲンの減少による自律神経の乱れが、その症状を強めることがあります。
日常生活の姿勢をチェックして、肩や首への負担がかからないように意識することや、またストレッチなど適度な運動や入浴で温めるなど、血液の循環をよくすることが効果的な対処法です。
・疲れやすい
「何もする気が起こらない」「疲れてだるい」という症状も更年期障害特有のものです。周囲からはなかなか理解してもらえないのですが、更年期障害の治療(ホルモン補充療法)を開始することで、だんだんと元気が出てきます。
・性交痛
更年期になると、性交の際に膣からの分泌が少なくなります。膣が常に乾燥した状態になり、入浴や排尿時に膣の周辺がしみることもあるでしょう。膣にうるおいがなく萎縮していると、性交時に痛みを感じます。ある調査では、40代以上の女性の5割以上に性交痛があることがわかりました。
・頭痛
頭痛は女性に多い症状ですが、更年期になってから出てきたり悪化したりする場合があります。更年期によって起こる頭痛は、脳血管の血管壁の痙攣や収縮によって起こるともいわれます。これもエストロゲン分泌の減少が関係していると考えられています。頭の一部が痛い、頭全体が重たい、うなじが痛い、肩こりをともなうなど、症状はさまざまです。まずは、受診し重大な病気でないことを確認したほうが安心です。
・耳鳴り
更年期にさしかかると、更年期障害による身体の不調に加え、感覚器官自体が加齢のために変化し、様々な症状が生じます。そのうちの一つが耳鳴りです。更年期障害の耳鳴りの原因は、主にホルモンバランスが崩れることで、自律神経に乱れが生じるためです。症状としては、周囲が静かなときに「キーン」「サー」という音が響くものが多いです。
・精神症状
精神症状としての憂うつは、閉経女性の約40%に認められています。また、最近の調査では、日本の更年期女性の特徴として、ホットフラッシュよりも肩こりや憂うつを訴える頻度が高いことがわかっています。

更年期障害の原因について
更年期になると、加齢に伴う卵巣機能の低下によって、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の量が減り、これが脳の視床下部にある自律神経中枢に影響を及ぼして自律神経失調症を引き起こします。また、若いころに行なった無理なダイエットや不規則な生活・食事によってホルモンバランスが乱れていること、環境の変化、加齢、ストレスなどが原因であると考えられます。

更年期障害の改善策について
・ホルモン補充治療
減少したエストロゲンを注射などで補充する治療法です。健康保険が適用されるので自己負担が少なく、更年期障害を根本的に治療できます。ホットフラッシュや動悸などの自律神経系の不調を改善、閉経後に進行しやすい骨粗しょう症を予防してくれます。
・漢方薬による治療
東洋医学から生まれた漢方は、症状の改善によいといわれています。HRTが使用できない場合や、多彩な更年期障害の訴えを持つ場合にはまず試みられる方法です。
・低用量ピル療法
ピルとは、卵巣から分泌される女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンを合成したものです。避妊や子宮内膜症の治療に用いられていますが、更年期障害の治療にも使用されます。低用量とはいいますが、昔のピルよりは低用量という意味であり、HRTよりも高用量(ホルモン量が多い)なので注意が必要です。

オススメ:

女性ホルモン剤通販|更年期障害