更年期障害のチェック

最近、「更年期障害」をよく聞き、多くの人が知りますけど、大部分の人が更年期障害についてはっきり知りません。更年期障害は50以上の人のものを考えていますが、実は、20代または30代にも可能性があります。女性の更年期障害は、年をとるにつれて、女性ホルモンのバランスが変化します。そして、の本の女性は50歳に近くなると閉経すると、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が急に減ることで、さまざまな症状が現れます。(女性の更年期障害を代表として)

自律神経にかかわるものは更年期障害の代表症状です。たとえば、それほど気温が高くなくても、体が熱く、のぼせたような状態になったり、逆に異常なほどに寒さを感じたりします。のぼせたような症状は更年期障害の典型的な症状です。また、精神的な落ち着きをもたらす作用のあるエストロゲンが減少するため、イライラしたり悲しくなりやすいといったネガティブな感情を抱きやすくなってしまいます。その他、頭痛やめまい、不眠などの症状もありますが、どんなものが現れて、どれくらいひどいかは個人差があります。主な症状をチェックリストにまとめたので、自分の症状と比べてください。当てはまるものが多ければ、更年期障害の可能性があります。

チェックリスト

1.生理の周期が不規則になったり、量が少なくなる

2.汗をかきやすい

3.のぼせる・ほてる

4.手足がひんやりしたり、腰から下が冷えやすくなる

5.記憶力や判断力の衰えを感じる

6.寝つきが悪い・寝れない

7.怒りやすい、イライラする

8.耳鳴り、頭痛、めまいがある

9.肩、腰、背、手足に痛みがある

10.息切れ、動悸する

11.吐き気や腹痛がよくある

12.疲れやすい

13.くよくよして、憂うつになる

14.皮膚の表面がしびれたり、かゆみがある

15.太る・痩せる

16.抜け毛が増える

自分の状況と以上の内容を比べて、セルフチェックしてください。